Submarine Pedal

心地よい共存を追求した消毒液スタンド。

2020年以降、人類は終わらない新型コロナウィルスの脅威との共存の道を選び始め、社会には感染症対策が当たり前に行われるようになりました。そうした中、2021年に開発し販売している、空間に調和する消毒液スタンド「SUBMARINE」をさらにアップデートしました。

現在では足踏み式の消毒液スタンドは珍しくありませんが、私たちは本来のコンセプトである「空間調和性」をしっかりと維持しつつ、使用者により使いやすいデザインと設計を追求。

角の取れた四角柱をベースに、ロングノズルの先端だけが出る構造にし、内部で下から突き上げる構造により噴霧する機構を開発。また幅が広く柔らかい踏み心地のバーペダルを採用し、美観を維持しながら従来の足踏み式の消毒液スタンドよりも使用性を高めました。

新型コロナウィルスとの心地良い共存を目指した、アイコニックなデザインとなりました。

※意匠登録出願済み

Photo: Kairi Eguchi